NEW ENTRY

【アクセントカラー】THROWやロコルを使わずに赤味撲滅してみた。


新潟市美容師の諸橋です。

 

今回はヘアカラーについて。

近年、今年に入ってから各メーカーさんで様々なカラー剤が誕生しております。

同ブログ、prime-numberでも沢山記事を書かせていただいてます。

 

↓  ↓  ↓

 

[グレージュ] [ブルージュ] THROWだけじゃない!寒色系ならお任せなカラー剤

人気のアクセントカラー”BLUE(ブルー)”にはメーカによって彩度と色素濃度の違いがあった。

 

そんな知識もふまえ、先日カラーのお客様に施術をさせていただいた時のお話です。

 

「濃いミドリを毛先に入れたい!」

 

その方は日本人特有の赤味の強い髪でした!

赤味も撲滅し、更には内側の毛先に「ミドリ」も見せたいと、、

悩みましたが今回はこの【アクセントカラー】によるアルカリカラーで処方!

 

image

 

(顔出しNGだった為、部分的な画像になりました…)

 

1回目でアンダー、ミドルに中間〜毛先にかけて細かくクリアブリーチでハイライトを一度いれ、

2回目で根元から中間、時間差で毛先へと、アクセントカラーmixのアルカリカラーを1種類で一気にオン!

 

赤味は撲滅し、毛先には求めるミドリが発色しました!

お客様も大満足!

 

アクセントカラーによる発色、長持ちという強み。

 

今回アルカリカラーで行なった理由としては、

・長持ちさせたい。

・髪のダメージレベルが低かった為。

・自然な発色。(ブラウンとの調和)

があったからです。

 

アクセントカラーによるカラーは、

ガツンと色味を入れるので持ちが本当に良いイメージが強いです!

新生毛にも赤味キャンセルしながらリフトしてくれるのでやりやすいです。

 

アクセントカラーでの注意点。

 

どのカラー剤でもそうですが、ダメージレベルの高いところに対しては、やはり色味が濃く入ります。

その為のアクションは必須にもなるかと、、、

 

今回の場合は、1回目で上げたミドルとアンダーの毛先部分にアルカリカラーのクリアを先に処方し、そこからワンタッチでかぶせました。

マニキュア等ではでない発色具合、お客様にも好評いただいてます!

 

ただ、強アルカリでもある為、お客様の髪質を良く理解してからの処方が大切だと思います。

ダメージだけで言うと塩基性カラーの方が断然ダメージレスですからね、、

 

その人その人に合った選定を。

 

今や塩基性カラーやTHROWなど、手軽に外国人のような赤味のないヘアカラーを簡単にできるツールは沢山あります。

今回はアクセントライン使用しての施術でしたが、1つの方法として引き出したものです。

 

勿論、塗り分け、塗り方で行なう技術を持っての施術もありますが、

お客様一人一人に合わせた提案が出来る時代として、

カラー剤の知識で勝負するのもいいかもしれませんね(*^^*)

 

アシスタントとしてもこれからの勉強が楽しみです!

 

 


About 諸橋 周吾
Birthday. 1993.4.29
Blood type. A
新潟市中央区美容室
ITAKURA ホテル店 アシスタント

豊富なシャンプー剤知識
高度なマッサージ技術で魅了する
アシスタント美容師。
アロマオイルを使った
クリームバス式ヘッドスパを得意とし
筋肉やリンパを基に
お客様の頭皮を的確に判断しケアします。
お客様の大切な頭皮を守り
美髪への道を拓きます。